スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クローズド・ノート

2008/04/18 23:22
見ました。

以前主演のエリカ嬢が
「別に。」で一気に有名になった映画です。

内容は・・・。
うん。
「別に。」・・・ではないですが、
恋が叶った訳でも、目指していた教師になれた訳でもありません。

・・・でも。
人間、心に希望を持っていて
普段何気ない行動も、誰かを後押しする力に変わるかもしれないよ・・・。
と。
勇気・優しさは力だと。
教えてくれてます。
パンドラの箱的なお話。

エリカ嬢も、竹内結子さんも地味に美しく光る役でした。

以前、このブログでかいた「シュガー&スパイス」の中では
エリカ嬢は巻き髪にディオールのバック・・・。
今時のおしゃれでカワイイ女の子でした。
でもこの映画では、紺・白を基調とした昔の女学生のような地味な服ばかり。
でも美しさが際立って、輝いているのです。
清純な役をやらしたらNO.1・・・と言われるのが
分かる気がしました。
私基本的にドラマを見ないので、
清純でヒットした「1リットルの涙」とか知らんのよ~(;・∀・)

エリカ嬢の顔は大好きだしね。
色々バッシングされてたけど、彼女自身の事私はよく知らんから
好きも嫌いもないですし。

地味だけど、ホンノリ暖かくなる映画でした。
まさに今の季節に見るにふさわしい作品でしたね。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。