スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガラスの仮面

2008/06/27 14:39
4年ぶりに「ガラスの仮面」
「別冊花とゆめ」で掲載されるらしいっ!!
こちらがソース

キタ─_─ ̄─(゚∀゚)─ ̄─_─ !!!!

待ってたよ・・・。
(´;ω;`)ウッ…
ほんま、待ってたよ・・・。

亜弓さんが、マヤを待っていたのと同じくらい待ったんだからね!
εε=ヽ( `Д´)ノ ウワァァァン

42巻発売から4年。

長かった~・・・。
41巻から42巻の時は、6年待たされたもんな・・・。

嬉しすぎます。ウホホw

物語は、まさにクライマックス寸前。
マヤと亜弓のどちらが「紅天女」の主役に抜擢されるんか!
「紫のバラの人」の、速水さんとの恋は実るのか!?
それとも、桜小路くんの愛を受け入れてしまうのか?!

むっは~ん。
ハラドキだわ~。

でも、私情を語るのであれば。
亜弓さんに頑張って欲しい。
亜弓さん、まさに努力の人だ。
他人を思いやり、優しいし。自分を信じて健気だし。
大好き!

マヤは演劇バカで自己中だもんな~。
私なんて・・・と言いながら前に出るタイプ・・・。(偏見スマソ)
だからさ。
マヤの引き立て役で終わってほしくないんだよ~・・・(TдT)

すごいショックやったんが、
亜弓さんが、誰かをかばってシャンデリア?(照明?)の下敷きになり
それが原因で目が見えなくなってしまうと言う内容を
立ち読みした雑誌で見てしまった時・・・。

ギャアァァァァ━━━━━━(゚Д゚|||)━━━━━━!!!!!!
ひどいっ!!
ひどすぎる~!!
いくらマヤが主役で、紅天女がマヤのモノになってしまうとしても、
失明はあんまりではないか!!

亜弓さんファンの私は、本屋で半泣きでしたよ・・・。

でも後にこのストーリーは、コミックスにも登場しませんでした。
作者さん本人が不本意で
コミックスの掲載にはこのストーリーは没にしたらしい。
(他にも、パラレルワールドが多数あるらしいですが・・・)

なんにせよ、はよ終わらせてくれい!

小学生から読み始めたこの漫画。
気づけば、私はこんな年ですよ・・・。
完結時には、おばあちゃん・・・ってのは勘弁ッス。



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




Trackback

Trackback URL:



 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。