桜流し

2012/11/26 22:00
うっひょー。
まさかの連日更新です!

でも本日はお人形ではなく、久々も久々のこのカテゴリー!
映画だドン♪

さっき「エヴァ Q 」見てきたんだドン!!
ふぅぉおぉおおお!って感情がなってるので、
感想を書きなぐります。

ネタバレガンガン書くので、知りたくない人は見ないでくださいね。


画像なしは寂しいので・・・

今年の夏休み
長男のクラブ合宿にお手伝いで行った岡山で
たまたまやってた催事
「エヴァンゲリヲンと日本刀展」のクリアファイル画像を。
20121126 1
展示物もすごかったですよー!
エヴァに出てくる武器とか、本当に作ってあって展示してた。
ロンギヌスの槍332㌢もあったり。
初号機のフィギュア前で写真撮ったし~。

でも画像は以前のお陀仏パソコンの中&
避難させたままの旦那実家のパソコンの中。
なんつーの。

まずは「巨神兵東京に現わる」
CGばかりでなく、ジオラマにこだわってたりして
思った以上に良かった!
レイの声ってすごい魔力と無機質と透明感だな~って聞き惚れた。
林原めぐみさんって、声優さんってやっぱりすごい。
当初「スレイヤーズ」のドタバタ主人公さんと同一に思えなかったもん。

本編。
アスカラブ♥♥♥
やっぱり私はアスカ大好きだー。
みやむーの声好きさ。
今回Qではアスカの声が大音響でいっぱい聞けて嬉しかった。
どうしたアイパッチ(笑)
なんか秘密があるのかも。・・と思ったけど謎解きはなし。
次回に持ち越し?
それともスルー?
yahooレビューの中には「この映画見てアスカ嫌いになった」なる感想があったけど
私は逆だよー。
ますます好きになった♪かわういよー。

マリの常にあひる口(`・ω・´)もいい。
にゃーんな歌声もマリののらりくらり感が出てて良かった!!
アスカとの掛け合いも気持ちよかったよ。
最後の最後はマジな部分も見れたしー。
次回作では物語にどうゆう風に絡むのか。
そもそも彼女は何者なんか。
楽しみすぎるー。

シンジ君。
シンジ君=我らが人類だよね。
もう地球が悲鳴あげてるよー。限界だよー。
すべてゼロ(レイ)にして、一から始める時が来ましたよー。
人類代表のYOU、やっちゃいな!みたいな。
でもでも待ってよ!
ギリギリでも生き抜くことは素晴らしいんだと。
人間は愛と熱いハートが武器だべ。と
ミサトさん率いるヴィレが人類存続のために頑張っとるでよー。

・・にしても、シンジ君。
相変わらずイライラするわー。
自分が望んで「見たい。」言うといて
位に沿わない結果だったら見せたカヲル君に対して
「あんなの見せられて。」・・・てあんた・・・。

「待って!抜いちゃダメ!」って静止するカヲル君を振り切って
自分の意思でやりきっちゃったことも
「どうしようー。どうしたらいいのー?」ってカヲル君に意見求めた所でどっこい。
ほんまにダメダメだなー。

でもそれが人類。
今の人類そんなもんさー。
エコエコ言うても、培われた便利さは捨てれないよねー。
地球が悲鳴あげてても
「考えてるんだけどさー。ちょっとくらい大丈夫っしょ?」
静止を振り切って、人類の存続を脅かすようなことを積み重ねて。
「なんかどんどん悪い状況になってってるでー。どうしようー。」ってさ。
ぶっちぎりのシンジ君状態。
もちのろん、私も含めてですよ。

いま綴ってるのはあくまで私の解釈ですよ~。
あまり面白みのある人間ではないんで、
解釈も凡人です。
もっとひねった解釈をできたらいいんだけどさー。

今回のQって、結構批判的意見が目立ってますよね。
私はおもしろかったですよ。
映像・音・キャラ・セリフで魅せてくれました。
「序」「破」はわかりやすく
人間を救いたい!愛!!みたいなのが全面に出てて
ラストも感動的?な形でわかりやすかったけど
今回は本当に???が多かったですからね。
でもそこがかえって良かった。
想像力を掻き立てられます。

残念だったんはカヲルくん・・。
なんだか・・・。もっと引っ張って活かせるキャラだったんでは?!と。
彼があっけなかったから、なおのこと
次回・最終作がどうなるんか気になるよ。

みんなのマドンナ、綾波レイも空気でした。
レイに関して書くことがない。
それほど薄かったのに、やっぱりちゃっかりヌードシーンはありました。
不憫。


そして宇多田ヒカルのエンディング。
しんみりしてて良かった。
スタッフロールの間、彼女の歌声聞きつつ余韻を楽しめたしね。

次回予告・・・。
工エエェェ(´д`)ェェエエ工
無茶なエヴァの姿がありました・・・。

○年○月公開!とか一切告知がなかったんだけど
いつ続きが見れるんだろう。
待ち遠しいわー。



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:


Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




Trackback

Trackback URL:



 Home